今年やり残したこと・・・ 12月28日(金)3621


b0069507_7502033.jpg仕事納めです。
みなさんの今年のお仕事はいかがでしたか・・・
賛否両論はあるでしょうが、政権交代し金融政策チェンジで大納会に年初来高値を付けたのは1999年以来、13年ぶりとなるとかで、来年に期待を持たせる大納会だったようです。
正直、広告関係の写真・映像の世界の景気はよくありません。
その、原因は2つあると思います。
1つは「景気」、もうひとつは「社会のデジタル化」・・・
その景気が、来年は少しは上向きそうな可能性が出てきました。もうひとつの「社会のデジタル化」は止めようもなく、フォトグラファーが順応していくとともに、写真の仕事のビジネスモデルが根本的に変わったと認識し対処するしかないでしょう。これも、我々フィルムと紙媒体で育った我々が世代交代で消えていくとともに、問題は無くなるかもしれません。
b0069507_8105018.jpgそしてやり残したのは、キヤノンの3000万画素オーバーのデジタル一眼レフが発表されなかった事・・・
今年発売されたNikonのD800,D800Eの衝撃は大きなものでした。そして、それに追従するだろうと期待していたCANONから、なかなか対抗策が出て来ないのも、ある種「衝撃」です。
事実上は、EOS 5D MkⅢで充分ですし、着実な改善がなされたカメラなのですが「地味」な改良で、イマイチアピールが弱かったようです。言ってみれば、カローラのモデルチェンジといったところでしょうか。
D800の成功は、画素数ばかりでなく画質やナノコーティングレンズの良さというシステム全体の良さもあるのです。そして価格です。
フォトグラファーばかりでなく、我々プロを取り巻く編集者やデザイナー、レタッチャー等もNikon D800,3600 万画素というのが知られていて、そこからのフォトグラファーへの要望もあるようです。なんか、世論調査に左右される政治の世界みたいです。
CANONは何でも、5000万画素オーバーのカメラを来年末か再来年にだすという不確定な「噂」が海外から流れてきます。デジタルバックの世界では6000万画素、8000万画素というデジタルバックもありますが、殆ど売れていなく4000万画素までのカメラが売れ筋のようです。キャノンが出すという5000万画素オーバーでも、カメラの値段が高かったら魅力はありません。キヤノンの動きが鈍いのは「自前」主義なので、動きが鈍いという話もききます。
そしてそんな先まで待たせないで、5DMKⅢ+みたいな3000万画素位のカメラをすぐにでも発表できないのでしょうか。
CANONを仕事で使っている者からの切なるお願いです。

ブログ ランキングに参加中です。ブログを続ける元気の源です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2012-12-29 08:54 | カメラ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/19747442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キヤノジナー at 2012-12-29 11:01 x
キヤノンが高画素機を出してくれるのを只ひたすら待っている一人です。プロの方は高画素デジタルバックを使われるから35mm判デジタルカメラの高画素機は必要ないのかなと思っておりました。やっぱりプロの現場でも必要ですよね。私はとっくに現行機種リストから消えてしまったEOS1DsMⅡとEOS1DsMⅢを只ひたすら使っております。新しい機種とはいえEOS5DMⅢやEOS6Dは使う気が起きず、最近はキヤノンに業を煮やしてPENTAX 645DやシグマDP1M/2Mに浮気しています。とにかく早く出して欲しいものです。
Commented by masabike at 2012-12-29 16:22
うちのお手伝いに来てくれているフォトグラファーのT君もクライアントからD800での撮影とご指名があったそうです。
Commented by mash_boss at 2013-01-02 04:56
キャノジナーさん、Nikonをはじめ殆どのカメラ屋さんはセンサーを買ってきます。SonyとCanonはセンサーを自前で作っています。
そこが、影響しているのでは・・・ 2013年に期待しましょう。
Commented by mash_boss at 2013-01-02 04:58
相原さんのまわりにも、やはりそういうフォトグラファーがいらっしゃいましたか・・・
<< 年末年始休暇です。でも・・・ ... 撮影準備 12月27 日(金)... >>