広告の歴史を作る大複写大会 第2回 10月27日(土)3560


b0069507_7213888.jpg今日は、10時から「広告の歴史を作る大複写大会 第2回」でした。
コマーシャルフォト誌のマンスリーベストアド用に応募されたポスター、雑誌、新聞広告を複写してデジタル化、記録に残そうというAPA・公益社団法人日本広告写真家協会が行っているプロジェクトです。
JPS・公益社団法人日本写真家協会が中心にAPA等の写真団体が参加して、国から委託されている「日本写真保存センター」という事業もありますが、こちらは写真作家個人のフィルムの保存にが、いまのところ中心で、広告やデジタルまで届くのは、はまだまだ先になりそうです。
そんな訳で、広告写真は、広告写真の団体で記録に残さなければ「歴史」は作れません。コマーシャルフォト誌上では、選択された制作物しか掲載されません。APAが行っているのは、応募されてきた作品で、写真を使っている制作物全てをデジタル化します。
実際に、複写作業が始まったのは今年の9月22日。今日は2回目です。
b0069507_7323463.jpg今日、作業に参加したのはAPAの会員5人と「写真の学校・東京写真学園」をこの秋に卒業した、二宮明子さん、早川誠一君、津久井聡子さんの3名の方です。
APA 予算がないのでボランティアで参加していただきました。
本当にありがとうぎざいました。
前回より、2時間も時間が少ないのに、殆ど同じ枚数の複写ができたのも、皆さんのおかげです。

b0069507_835491.jpgお着物で参加したのは、APA会員のフォトグラファー荒巻さんです。
エクセルへのデーター書き込みを担当していただきました。着物姿での事務仕事、昔の写真で見る、大正時代のオフィスのような感じです。
複写大会は、14時30分まで、その後にAPA東京支部集会があるので、その為のお着物姿だったのでしょうか・・・
b0069507_813960.jpg撮影後、次の複写の準備をしました。B倍5連貼りなんていう大作が、リーマンショック以前は結構あって、繋がっているポスター類の切り離し作業をしました。
APAの本部に保管されているのは数千枚。1回あたり、現在の体制では100枚程度の複写しかできません。でも、千里の道も一歩からです。
次は、11月下旬、広告写真に興味をお持ちの全ての皆さんのボランティア大歓迎です。
日程は、決まり次第お知らせします。

ブログ ランキングに参加中です。ブログを続ける元気の源です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2012-10-28 09:12 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/19368115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 機械の眼 10月28日(日)3561 日本女子がんばれ! 10月26... >>