今日のレシピ。6月27日(月)2985
ランキングに参加中です。

b0069507_6461858.jpg今日のお昼は、阿波遊木さんから頂いた「包丁切り 讃岐うどん」をいただきました。
天ぷらは「天や」さんから調達。
うどんは、コシが重要。茹ですぎないように細心の注意をはらって茹でました。
東京人の私にとって、うどんというのは、太くて柔らかくて、子供の頃に病気になると消化がいいからと、煮込んでさらに柔らかくしたうどんを食べさせてくれました。
大人になり、堺で自転車メーカーの取材をした時に、立ち食いの「四国うどん」というお店で、うどんをいただいて、ビックり!コシがあってツルツルで東京のうどんとは別物でした。私は関西のうどんのファンになりました。
その後、名古屋の味噌煮込みうどん、秋田の稲庭うどん等を食べるにつけて、関東はうどんの後身国だと身にしみました。
15人前を8人で頂き、お腹一日、大満足なおひるでした。
b0069507_7255937.jpg今、商品撮影で流行の水を使った撮影をするために、閃光時間が調節できる大型ストロボをレンタルしました。
スイス製ブロンのグラフィットA2は、閃光時間を1/150〜1/10000まで調節できます。
水の動きは速くて、通常の大型ストロボでは閃光時間が「長くて」動きが完全にはとまりません。
ちなみに、小型のオートストロボの閃光時間は1/10000くらいは普通です。
フィルム時代は、ストロボの閃光時間が短すぎるとフィルムの発色が変わると言われました。デジタルはだいじょうぶなのでしょうか?
b0069507_740216.jpg夕方から、原宿の事務所でムービーのテスト撮影をサギサワ君がしました。
ピント合わせ用にザクートのDSLR ZファインダーPro x3.0を持ってきました。
3倍ですので、まだまだピント合わせをシビアにするには、ちょっと難しいですが、無いよりは全然ましです。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-28 06:59 | 撮影準備 | Comments(0)
<< 杵島 隆さん 天上昇遷を見送る... 撮影後にピントを合わせるられる... >>