「海の牙」劇団唐ゼミ演劇鑑賞。6月18日(土)2976
ランキングに参加中です。

b0069507_9484260.jpg浅草・花屋敷駐車場で本日初日の劇団「唐ゼミ」の第19回公演・唐十郎作「海の牙—黒髪海峡篇」を鑑賞にいきました。
私が'09〜'10に開催した写真展Episodeのモデルに、唐ゼミの女優・禿恵さんにモデルになって頂いたのが縁で、唐ゼミの公演をボランティアで撮影する事になりました。
花屋敷駐車場での公演は3回目。かつて瓢簞池があったというこの場所、個人的にはとても気に入っています。唐さんの’70年代の「匂い」プンプンの理屈的な芝居を見た後、劇場を出て振り返るとラブホテルのネオンそして、反対側には東京スカイツリー・・・キッチュな感じいいです。
「海の牙」面白かったです。専門家の中では唐さんの作品の中では「未消化」的な評価もありますが、私は専門家でないので、芝居の流れやセット等良かったとおもいます。
もともと、唐さんの芝居は理屈っぽくって難解なので、同じ出し物を1度や2度見ても、私には理解できません。唐さんの時代感、世界感に共感できるかできないかが面白いか面白くないかが決まると思います。100分を越える長い第一幕も、飽きることなく時間を感じる事なくすぎました。

今回、サブカメラとしてEos Kiss X5を使ったのですが、性能や恐るべし。フォトグラファーの桃井君が「デジタルカメラ、レンズは新しいものほど、性能が良い」と言っていますが、まさにその通りです。ISO3200で使っても、フィルムを増感現像してISO800にした場合よりもはるかに良い画像です。またシャッター音も小さくて、他のお客さんにも迷惑がかかりにくいです。唐さんや寺山さんの小劇場の撮影環境は悪いですが、フィルムでは無理だった撮影がデジタルは可能にしてくれます。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-19 09:39 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/15788725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マッシュマネージメント写真展 ... M9&M9 節電15%要請! ... >>