不思議な写真展。7月25日(日)2241
b0069507_3273187.jpg南青山のラットホールギャラリーへ行きました。先週のアラーキーさんと違い、ギャラリーには誰もいませんでした。
開催していた写真展は、綿谷修さんの「Juvenile」。Juvenileとは少年,少女,青少年といった意味だそうです。
写真展の内容は、その名のとおりの写真が展示されていますが、どの子供達もかわいく無いのです。それどころか、私には不気味に見えました。
綿谷さんは、元々(現在も?)ADだった方だそうで、写真集のディレクション等も多数手がけたとの事です。
ADが写す写真とフォトグラファーが写す写真は違うという、典型の写真です。ADもデジタルカメラになって表現範囲が広がった、職種のひとつでしょう。
ADの方が、いつも考えているんだな〜 
玄人向けの写真です。

ブログ ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-07-26 03:42 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/13652477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ついに・・・ 7月26日(月)... 息抜き軽井沢 すいていました。... >>