記録と創造(写真と絵画) 5月8日(土)2139
ランキングに参加中です。

b0069507_6394017.jpg今日は写真展と絵画展を見ました。
新宿のコニカミノルタプラザで開催中の「野町和嘉写真展」とオープロジェクトpresents「軍艦島全景 -未来の記憶-」。渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムの「レンピッカ展」です。
偶然にも新宿の写真展は写真の「記録」性を顕著に現した写真展です。
野町さんの写真展はサハラ砂漠の原住民が紀元前7000年から紀元400まで壁画を写した写真展。
軍艦島の方は、軍艦島を「都市社会の未来を暗示する「未来の記憶」」として捉えた写真、動画、実物等で表現したインスタレーションとも呼べる展示でした。こちらも「記録」を通しての表現です。
渋谷の「レンピッカ展」は1980年に亡くなった、レンピッカの絵画展です。こちらの方は、イラストレーションに表現方法も目的(注文を受け肖像画を描く)も近い絵画の展覧会です。魅力的な画を描く人だと感心、感動です。レンピッカ良かったです。
今年2月のシカゴの美術館で見た絵画といいレンピッカといい、恥ずかしながら最近やっと、画の良さがわかるようになりました。
今日体験した写真と絵画の違い、今更ながら面白かったです。

さて、今日は野町さんの写真展で野町さんと話している人がいると思ったら、ADの岡本一宣さんでした。3年振りくらいにお会いしました。昨日の藤井さん通夜ではやはりADの井上さん、一昨日は相原さんと、偶然出会う人が続きます。何か不思議です。以前もこういう時期がありました。その時は何もなかったのですが・・・ 今回は・・・?

ブログ ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-05-09 06:42 | 写真展 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/13274475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-05-09 13:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mash_boss at 2010-05-10 15:46
鍵コメさん、同感です。
<< デジカメのISO感度、最近の高... 藤井秀樹さん通夜。5月7日(金... >>