木村伊兵衛写真賞授賞式、懇親会。4月16日(金)2119
ランキングに参加中です。

b0069507_8465477.jpg18時30分から、東京會舘で開かれた「第35回 木村伊兵衛写真賞授賞式」に行ってきました。
今回の授賞者は高木こずえさん、25才です。
審査員長の篠山紀信さんが「いろいろ、個人的にお騒がせしてすみません・・・・」と笑いを取りながら審査経過を報告、それによると、高木さん授賞賛成2人、反対2人で最後は篠山さんの賛成で決まったらしく、高木さんの作品が作品事に手法が大きく変わる事が反対と賛成に別れた理由らしく、高木さんは自分自身が解らないものを、解ろうとして撮影をしていき、作品が完成すると問題は解決、次に自分の解らないものを撮影し始める・・・ だから、手法が変わって当然・・・と言うことらしいです。
季節外れの冷たい冬の雨だったせいか、アート的な作家のせいか、林忠彦賞授賞式と重なった(未確認)せいか不明ですが、昨年の「浅田家」の浅田さんが授賞してパーティーより、人出は少ないようでした。ところで、川崎市市民ミュージアムで木村伊兵衛写真賞35周年記念展 が17日から1年間、5期に分けて展示されます。第一期は第1回北井一夫 、第2回平良孝七、第3回藤原新也、第4回石内都、第5回岩合光昭、第5回倉田精二、第6回江成常夫、第7回渡辺兼人の写真がてんじされるという事です。写真界の芥川賞と言われる木村伊兵衛写真賞、第1回の北井一夫 さんと、今年の高木さんの写真の違いは、そのまま今の日本の写真の現状を如実に表していると思います。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-04-17 08:50 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/13163983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< VIVA 四国 4月17日(土... フード撮影 4月15日(木)... >>