投票御礼&最後通告 8月26日(水)1691


一週間にわたる「写真機大調査」のご協力ありがとうございました。
全部で519人の投票を頂きました。
CANON 39.1% Nikon 27.4% PENTAX 5.4% OLYMPUS 4.6% SONY 3.9%のシェアでした。
結果は予想通りですがPENTAXが予想以上にがんばっているなと感じます。結果に対するご感想のある方は、コメント欄にどうぞ!


b0069507_3513633.jpgまたまたフイルムにとって悲しい話です。
MASHのアソシエーツフォトグラファーのなかで、たった一人フィルムだけで仕事をしているフォトグラファーがいます。ほぼ、100%女性誌の撮影をしているのですが、先日、モノクロームの人物撮影の仕事をメインにしている某外資系出版社の編集部から「材料費が厳しくなるので、これからはデジタル撮影でないとお仕事をお願いできなくなります。」との連絡がありました。
さあ大変、飯島に何を買ったらいいのかの相談がありました。フィルム撮影ではNikon F5を使っています。D700を薦めたのですが、100%の視野率に拘ってカメラは D3に決定。その他4GBのカード2枚、CAPTURE NX2、予備バッテリー、カラーチャート等々を買いました。そして明日が本番なので、購入したもの全てをもってスタジオに来ました。明日の撮影の状況を聞き、三次君がカメラをセットしテスト撮影をしました。
実は、彼は携帯と携帯メールを使用しPCメールは使っていません。PCが無い訳ではないのですが、現在では「実用的」でないPCしかありません。だいぶ以前に友人からもらったMacの8500があるらしいのですが、もっぱらゲームに使用していてネットにも繋いでないようなのです。つまり、アソシエーツ君のPC環境が整うまでしばらくはMASHでBackupをしなければなりません。
彼が、今までフィルムで仕事ができた理由は「良い写真」を写すからです。
出版社は「良い写真」という数値化できない価値より、コストという数値化できる価値を選んだのでしょう。
これから、彼はフィルムで撮影してモノクロで表現していた「良い写真」をデジタルで再現しないといけなくなりました。

「今までお願いしていたモノクロラボには、いつもボクの写真をわかってくれてプリントしてくれる、プリンターがいるんだけど、その人達とのコミュニケーションが無くなるのは寂しいな・・・・」

奇しくも今日、ADK(アサツウディーケー・大手広告代理店)の平成21年12月期第2四半期の連結業績が発表されましたが、リーマンショックの影響もあるでしょうが、雑誌広告の扱いが28.7%も減ったとの事です。
もう、プロの世界ではフイルム撮影はあり得なくなるでしょう。

 ブログランキングへ参加中です。こちらの投票クリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-08-27 03:52 | 撮影準備 | Comments(10)
Commented by hana2003h at 2009-08-27 13:10
当地に集まる鳥専連中の装備は、圧倒的にC社のゴー4やロク4に付けたMk3です。
故障が多いと言う愚痴を聞くのが楽しみですが・・・

私はプラスチックのG1でウダウダ言っていますが、枯れ葉に埋もれそうです・・・
Commented by keikoba at 2009-08-27 16:03 x
中堅手出版社のMハウスもフィルム経費は認めないそうです。全体的にそういう流れのようですね。私はフルデジタルに移行して4年ですが、ネガプリントを自分でやっていたので比較的楽にデジタルに馴染めました。大変なのはフィルムを知らない世代が、きちんとした絵(写真)がつくれるかどうかではないでしょうか?。フォトショップやら何やら最初は大変でしょうが、すぐに面白くなるでしょう。頑張ってください。
Commented by fotoman at 2009-08-28 18:10 x
「フィルムを知らない世代」といった表現は避けた方がいいと思う。
明治の大先輩が貴方に対して「湿板や乾板を知らない世代」とと表現するのと一緒。
Commented by keikoba at 2009-08-28 20:17 x
↑?
Commented by saxboss2 at 2009-08-29 23:07
経済が世界を支配している
厳しい現実です
だれも生き残りをかけて必死です
わたしも自営業
毎日心の中では奔走してます(^_^)v
Commented by mash_boss at 2009-08-30 07:06
じいちゃん、GH1使ったけど良く写る良いカメラでした。スナップでしたら、仕事にも十分使えます。特にムービーとのシームレス感はグッドです。
でも、ファインダーがが液晶でピントの山がつかみにくくマニュアルフォーカスが難しいし、オートフォーカスでもピントが合っているのか、合っていないのかわかりにくいところが、残念でした。結果として全部合っていたとしても、仕事では事前にわかる事はわからないと、リスクが高すぎて使用できないです。
Commented by mash_boss at 2009-08-30 07:09
Keikobaさん、Mハウスはフォトグラファーの茂木さんが中心にデジタル化頑張っているのでしょうか・・・
Commented by mash_boss at 2009-08-30 07:20
fotomanさん、コメントありがとうございます。コメントの趣旨をもう少し詳しくお書きいただけるとありがたいのですが・・・
私、個人的には「湿板や乾板を知らない世代」と言われても、事実そうなので、何の思いもないのですが・・・
デジタルで技術革新のスピードが飛躍的に早くなった現在は、例えばCANONではすでにD30を知らない世代、D60を知らない世代という事もあります。お時間のあるときで結構ですので、趣旨のコメントをいただけると幸いです。
Commented by mash_boss at 2009-08-30 07:23
saxboss2さん、技術革新が起きたら取り入れられるか、取り入れられないかだけです。抵抗しても元には戻らないようです。厳しいです。
Commented by fotoman at 2009-09-01 23:44 x
デジタルフォトから写真を始めた者に対し「フィルムを知らない世代が、きちんとした絵(写真)がつくれるか...」なる表現は、市販のフィルムから写真を始めた者に対し「湿板や乾板を知らない世代が、きちんとした絵(写真)がつくれるか...」と表現するのと一緒のような気がしたのです。
生まれた時にソレが無かったのだから仕方が無い。
現存しない、過去の技術を知っている事で優越感に浸る愚か者を増長させる結果となる為、「フィルムを知らない世代」といった表現は避けた方が良いのでは、と感じた次第です。

Keikobaさんのコメントが「愚かな優越感」で書かれたモノではない事は承知しております。
<< 秋の1日、写真展へのお誘い。8... 写真機大調査! >>