怪我治療 s124 3月8日(日) 1736


b0069507_419951.jpg今日は13時から、横浜のオートプライドでs124の怪我治療です。
マフラーの最後尾部分の修理なので、リフトアップされています。でも、なぜかボンネットも開いていてエンジンが見えます。
そういえば、この124後期型くらいから、エンジンルームにカバー類が増えていったのではないでしょうか。このエンジンだって、エンジンヘッドにカバーがかけられて、プラグを見るのだってカバーをはずさなければなりません。
今の「高級車」のエンジンルームなんて、カバーだらけでエンジン本体も見えないくらいです。センサーだらけで、ディーラー以外触れないようですが、現在のモデルは10年後くらいに、オートプライドさんみたいに親切でリーズナブルな工場でみてもらえなくなるのでしょうか・・・・

今日の治療費です。
リアマフラー ¥34,840,-
リアマフラーハンガー x2 ¥1,580,-
消費税 ¥1,821,-
工賃 ¥10,800,-
環境保護費用 ¥300,-
消費税 ¥555.-
値引 -¥96,-
合計 ¥49,800,-

走行距離は151958kmです。渋滞が多く夏は灼熱の東京を走っているので、15年前製造の車にかかるストレスは相当なものだと思いますが快調です。

 ブログランキングへ参加中です。応援クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-03-09 04:17 | | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/10470168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 伊良湖のじいちゃんG1で遊ぶ at 2009-03-09 17:33
タイトル : ニセモノ1眼で遊ぶ・・・
今日は雨が降ったり止んだりの天気である。  こんな日は積極的には撮影はしない。  午後からはハウスで夏作の準備作業をトラクターでしたが疲れたから早目に職場放棄・・・  今夜は通夜に出掛けるが、暇なようで忙しいのである。 マッシュが銘銘した私のG1であるが、コンデジより安い1眼であるからウダウダ反論はしない。  素早くターゲットを導入するに付けたライフルスコープである。  マイフィールド専用機材であるのは言うまでも無い・・・ ブログランキングに参加してい...... more
Commented by azure8888 at 2009-03-09 05:25
ご無沙汰しております。
これは、もう愛車のメガチューンですね。
最近の自動車、素晴らしい性能と引き換えに、手を入れにくいシステムと格闘しております。
マイカーw140は、元気に21万キロ邁進しております。
田舎の涼しい通りが得意な様子です。
Commented by sochaux at 2009-03-09 05:48 x
 災難でしたね。でもまだ修理できるヨーロッパ車はいいです。生産終了しても中東や南米などでライセンス生産を続け部品の供給は絶えない用になっている。日本車などチャチなバンパーですぐ壊れるのに10数万円も取られる。
 エンジンカバーどころではないですよ。90年代からエンジンをコントロールする燃料噴射装置はコンピューター管理されてエンジン調整はバージョンアップのダウンロードです。バージョンアップしたら全く別のエンジンの様になります。しかもそのダウンロードの機材は正規ディーラーが持っていて、ん百万だそうです。私の某フランス車はマレーシアにある修理センターからダウンロードを全世界に行っているのだそうです。もう町工場は目に見えるところをちょこちょこっといじるぐらいになるみたいです。こんなことを始めたのはGMが最初とヤナセの人から聞いたのも90年頃だったと思います。機械式燃料噴射やソレックス気化器が懐かしい。
Commented by snatchshot at 2009-03-09 09:14
最近の車のエンジンは「ブラックボックス」化が、すすんでますねw
Commented by enzz3121 at 2009-03-09 17:08
本当に自分で手を入れられるクルマが少なくなりました
運転するのには便利になりましたが・・・増えてゆく電子部品は万が一の故障時どうすることも出来なくなることも
年間3~4万キロを走り時には人気の無いところに出向く僕にはその万が一が怖かったりします
長く乗り続けることの出来るクルマ・・・本当に大事です
現在使っている国産の機材車は13万キロ近くなってきました
ぼちぼち色々な不具合が出てきそうです
<< APAアワード2009表彰式&... RGB≠CMYK 3月7日 1735 >>