現像液交換 2月1日(日) 1703


現像液交換しました。
もちろん、デジタル現像液です・・・・・? RAWデータ現像ソフトの事です。
フイルムの時代、特にモノクロフイルムには色々な現像液がありました。
同じフイルムでも、、現像液を違えたり、現像温度を変えたり、現像時間を変える事で、色々なネガをつくる事ができました。
一般的なD76、その発展系のD96、DK50、微粒子現像のD23、プロマイクロール・・・・
デジタルも同じ事がいえるのでは・・・・
メーカー純正のRAW現像ソフト、フェーズワンのCaptureONE、ライトルーム、アパーチャー、・・・・・
b0069507_562348.jpg今回導入したのは、国産のシルキーピックス デベロッパー スタジオプロです。
実に、色々な事ができるRAW現像ソフトですが、そればかりでなく、JPEG/TIFFも精密にいじれるのです。
プロは全ての撮影をRAWで撮影していると思ったら、そこは少し違います。JPEGでの運用も結構あるのです。そのJPEGが精密にいじれるのは魅力です。ちなみに、昨日のエントリーに使用した写真は、デベロッパー スタジオプロでいじってあります。
そういえば、JPEG2000という規格がありますが、あまり普及しないのはどうしてでしょう?

 ブログランキングへ参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-02-02 04:05 | 機材 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/10287085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rikiji2002 at 2009-02-02 20:02
俺のような 小手先野郎にぴったりのソフトです。
うだうだ あれこれ 触っていると 意外なものができますが・・・・
やはり きちんと撮らないと 写真にパワーが載りません。
結局 そういうことですね・・・って独り言です・・・
Commented by goncafe at 2009-02-02 22:24
今度使い勝手教えてください。
よろしくお願いします。
前バージョンを持っていますが、余程でない限りはいじれ過ぎるので使っていません。
ハード的にも動きが重いですし・・・・
画質や処理能力は素晴らしいですけどね。
JPEG/TIFF処理が精密にいじれると言うのは興味があります。
<< シンガポール展最終準備 2月2... 森山大道「北海道」&広告博物館... >>