セット組  9月26日(月) 5815


b0069507_18162313.jpg週初めです。
先週は休みが多かったので、今週は長く感じるかも・・・
本日は、朝からスタジオ、人物撮影のセット組です。
試用期間中のアシスタント君が、傘トレ(トレーシングペーパー)を作っています。
レンタルスタジオ出身のアシスタント君なので、傘トレ作れます。
傘トレの作り方は、レンタルスタジオ毎に若干異なります。でも、要はいかに早くきれいに作れるか・・・
レンタルスタジオの経験が無い私は、傘トレ作り、若干苦手です。
b0069507_1830942.jpg本日の18時過ぎの空です。
「秋の日はつるべ落とし」と言いますが、夕方がどんどん早くなります。きょうは久しぶりに日照がありました。晴れた空を見るのは、本当に久しぶりです。この後直ぐに暗くなりました。
雲を、見るのは好きです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-27 06:46 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
恒例・・・  3000本安打?  9月26日(日)   5814


b0069507_4442473.jpg本日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会アーカイブ作業の33回目。
本日、アーカイブ枚数3000本安打ならぬ、3000枚を越えました。
2012年9月から開始した、APAアーカイブ作業、本日36回めで撮影枚数3076 枚になりました。
塵も積もれば山となる・・・ 
北海道、写真の町・東川町には、6月時点で、2825枚になりました。
広告写真は消費される写真です。我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品。我々自身がアーカイブしなければ残りません。
APAは写真を使った日本の広告作品のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役に立ちたいと思います。
b0069507_5624.jpg ローカルな話題です。
1970年5 月、朝日新聞の誤報から始まったと言われる、自動車からの排気ガスによる、鉛中毒公害事件。その頃は,プリウスなんて言う低公害車なんて、夢想だにしなかった時代。ガソリンには鉛添加物が入っていました。
その、公害も一つのきっかけに始まった道路拡張工事、拡張工事で壊される建物の最後の部分も壊されてあと一息になりました。
平成15年に事業認可されて13年、弁天町ー柳丁ー薬王寺間の700〜800mの実際の拡張工事が始まって6〜7年、道路拡張には時間とお金がかかります。
電信柱の左側が拡張のため建物が撤去されました。
こうしてみると、都知事・小池百合子さんが進めている、電線地中化工事運動の必要性感じます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-26 07:27 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
名古屋メシ   9月24日(土)   5813


b0069507_2551887.jpg今日のお昼は、あんかけスパゲッティー初体験です。
ミラカン S(200g)中辛を名古屋駅エスカのマ・メゾンでいただきました。
これまで、何回も行った名古屋ですが、食べた事のある名古屋メシは味噌煮込みうどうん、ひつまぶし、味噌カツの3種類でした。
感想は、「結構いける」です。そして、実物を目の前にすると、ちょっと驚きました。
想像したいたのは、東京のそば屋のメニューに「あんかけうどん」。あんかけスパのあんは少しとろみがすくなくて、あんかけうどんのように、甘くありませんでした。
パスタもこしがあり、ミラネーズカントリーの具も美味しかったです。
次は、おぐらトーストに挑戦したいと思います。
b0069507_348424.jpg名古屋にきたのは、APA・公益社団法人日本広告写真家協会中部支部大会に参加するためです。
会場は、JR金山駅そばの、最近閉館予定で話題のボストン美術館のあるビルの11階。
そこから、名古屋駅方面の眺めです。
空が印象的な一日でした。

明日は、9月度APAアーカイブ作業です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-25 07:26 | イベント | Trackback | Comments(0)
アサヒカメラ取材   9月23日(金)   5812   


今日の、原宿MASHmanagementのお客様はオリンパスの筑後さん(右)と、アサヒカメラの大貝君(左)です。
お客様といっても、いつも写真展のオープニングレセプションや発表会などで、よくお会いするので、お客様が来たという感じではありません。(失礼)
来訪目的は、アサヒカメラの来月号の私への取材です。
b0069507_6153893.jpg大貝君は、アサヒカメラに来る前は、広告局にいて、タイアップ記事で色々な撮影をしたときのディレクターでした。自分でも、いつもカメラを持ち、写真を写している写真好き。
筑後さんは、以前はプロサービスにいらしてお世話になり、休みの日に、写真展会場でもバッタリ会ったりする事もあります。筑後さんも相当な写真好きカメラ好きです。カメラに関しては、いろいろな事教えてくれます。
そんな訳で、取材と言うより写真好がカメラと写真の話を、ワイワイガヤガヤしている感じでした。
オリンパスの方がいらして、アサヒカメラとなれば、当然、フォトキナで発表されたOMD E-M1Mk Ⅱの話がでてきます。いろいろお聞きしましたが、ここではナイショです。でもユーザーの方は期待して待っていてもOKです。もちろん、まだ、ユーザーではなく、どうしようかな〜と思っている方も、期待してOKです。ちょっと悩ましいのは、国内での発売時期が未定な事。フォトキナでアナウンスされた年内発売は、ヨーロッパでのことのようです。
デスクの上のモザイクは、アサヒカメラに掲載される写真です。お楽しみのために、モザイク処理です。
モザイク処理といえば、昔はモザイク処理を残念と思いながら、見た本や映画がありましたっけ・・・(^_^)
というわけで、私の世代、モザイク処理は隠微な感じを持ってしまうのですが、今回掲載していただく写真は、隠微な写真ではありません。
※カメラ OLYMPUS PEN F,MZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-24 07:11 | 打ち合わせ | Trackback | Comments(0)
HASEO君、写真展。 9月22日(木)  5811


b0069507_21492574.jpg今日はフォトグラファーHASEO君の写真展を拝見しました。
銀座の富士フォトギャラ−リーの全会場を使った「人魚展」と、神保町画廊での「人魚展」の2会場です。
両会場とも、HASEOワールドが広がります。
どうして、2箇所同時にと思ったのですが、クラウドファウンディングで資金を集め、資金を出してくれた方達をモデルにした作品も展示した写真展で、資金提供者が順調にあつまり、作品数が多くなり、2箇所での開催になったそうです。
新しい形の写真展です。
残念ながら、富士フォトギャラ−リーでの写真展は本日最終日でしたが、神保町画廊での写真展は10月2日(日)まで開催中です。

神保町画廊での写真展詳細はココからどうぞ!
b0069507_2281335.jpg銀座、神保町とまわり、最後は新宿西口のリコーイメージングスクエアで開催中の特別企画写真展「PENTAX K-1の世界」へ行きました。
ここにも。HASEO君の作品が1点展示されています。
PENTAX K-1,気になるカメラのひとつです。PENTAXが時間をかけて丁寧に作ったカメラだと思うのです。価格も良心的です。
リコーイメージングスクエアは外に向けて、懐かしい歴代のPENTAXが展示されています。
b0069507_2220051.jpgひときは懐かしいのはSVです。
小学校高学年で写真に興味を持ち始めた時に、同級生で弁護士の息子がSVを持っていて、羨ましかったです。その頃は「望遠だよ、望遠だよ、ワイドだよ〜」というコピーのTVCMも流れていて、レンズが交換できるカメラあこがれでした。その時に、私が持っていたのはキャノネット。よく写るカメラでしたが、もちろん、レンズ交換はできません。また、最短撮影距離も90Cmくらいで、45Cmまで寄れるペンタックスとは、随分差がありました。
結局、中学になって買ったのは、ペンタックスSVではなく、トプコンREスーパーという一眼レフでした。プリズムファインダーを外せたり、TTL開放測光だったり、反射ミラーにTTLの測光素子が組み込まれたり、当時は先進的なカメラでした。何回か故障して、都電に乗って板橋にあった本社・工場に修理に言った事などを覚えています。
あの頃のカメラに対するトキメキ感、しばらく感じなくなっていましたが、今年のフォトキナで発表されたFuji GFX50S,OLYMPUS OM-D EM1MkⅡ、少し前に発売されたPENTAX- K1,FUJI XT2にはトキメキ感を感じます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-23 07:38 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
ライカ判からの解放!Ⅱ    9月21日(月)  5810


三日続けてのフォトキナ関連ですが、やはりFUJIのGFX50Sはライカ判の呪縛から解き離れる事ができたエポックメーキングなカメラになりそうです。
Nikon D810と並べた写真が出てきました。こうして見ると、ボディーの大きさはそんなに変わらないのに、GFX50Sのセンサーの大きさは1.7倍です。
ライカ判のデジタル一眼レフ、機能が増え、高度化するにつれ、大きくなってきました。
カメラの大きさ的に見ても、GFX50Sは中判カメラとしても画期的です。
また、ミラーレス採用での、EVF(電子ビューファインダー)の自由さと、ミラーショックが無い事も、これからの中判カメラを示唆しています。写真のような、色々な角度で使えるファインダーも作れるのです。
b0069507_641364.jpg私は、最初の頃のミラーレスには否定的でした。これまでの一眼レフのOVF(光学ビューファインダー)より遙かに劣っていたからです。
現在のミラーレスカメラに採用されているEVFは、初期のEVFより遙かに性能が良くなり、日常の撮影では全く不便を感じません。
ただ、EVFは、私が撮影している演劇の舞台撮影の時、強い逆光の光源が画面に入ると、ハレーションがファインダー一面に広がり使い物になりません。この特別な状況では、一眼レフのOVFでしか写せません。
それともう一つは、以前のミラーレスカメラは、シャッターを押してから実際に写るまでのタイムラグの長さが問題でしたが、それも、随分短くなり普通使いには問題はありません。
ただ、フォーカスのスピードは、まだまだ、本格的なスポーツ撮影等では一眼レフに軍配があがるようですが、これも通常の撮影では気にはなりません。
また、ピント合わせでは、ミラーレスの顔認識、目にピントを合わせるモードは、ポートレート撮影にはこの上なく便利です。
EVFの性能は、これからもどんどん進歩していくのは目に見えているので、今の欠点も解消されるでしょう。
中判デジタルにEVFを採用し、将来の中判デジタルカメラの姿の一部を現したGFX50S、撮影条件が恵まれている、広告・販促系の現場では、使いたいカメラです。
50Sの50は5000万画素を表す50なのでしょうか? やがては、70Sや80Sなんていうカメラもでるのでしょうか・・・  
今年のフォトキナはライカ判から解きはなれたGFX50S登場で記憶に残るフォトキナになるでしょう。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-22 09:16 | カメラ | Trackback | Comments(0)
ポラロイドの終わり・・・   9月20 日(火)  5809


フォトキナも真っ盛り、遠くドイツ、ケルンからFUJI,OLYMPUS,SIGUMA,PANASONIC等々、華々しい話題が飛び込んできますが、本日、個人的にグサッと来るような発表を見つけました。
それは、FUJIのインスタントフィルムinstax Squareの発表です。

b0069507_4142930.jpg世界をあっと言わせた、1972年発売のPolaroid SX70 Aladdin以来、ポラロイドの代名詞のようだった四角い画面の自動現像式インスタント写真システムを、来年の春にフジが発売すると発表がありました。
ポラロイドの撮影に四半世紀携わっていた者としては、最後の牙城が崩されたようで、力が抜けるというか、喪失感です。
25年近くもひとつの会社の仕事を続けられたのは、一緒に仕事をしていた、日本ポラロイドや外国のポラロイドの人達がいい人だったからです。外資系なので、25年仕事をしているうちに、ちょっと大げさかもしれませんが、社員の半分近くは入れ替わってしまいます。そのなかで、広告、広報の専門職の方達は長く仕事をしている方達が多く、外資系ならではの、厳しさの中にもフレンドリーさがありました。いまでもお付き合いしている方が、何人かいます。それと、面白い商品が次々に出てきて、仕事が本当に面白かったです。特に、8x10、20x24フィルム、ヒッパレーは特に面白かった製品でした。こうなると、もう、ポラロイド愛です。
さてさて、発表によると、Fuji instax Squareの画面サイズは62mm X 62mm。ポラロイドのSX70 シリーズの画面サイズは77mm X 79mmだったので、少し小さめのようです。
大きさなんてどうでもいいのです。四角いフィルムまで出すとは・・・(;O;)
中判カメラの発表といい、このフィルムといい、やっぱり、フジって凄い会社です。
b0069507_595213.jpg悔しいので、昔、私が写したポラロイドのSX70フィルムがモデルチェンジ(たしか、画像が出てくるまでの時間が1分間になり、色も良くなった。)した時の、サンプルピクチャーを公開です。時代を感じますね。撮影年代は1978〜79年頃です。
この頃のサンプルピクチャー、ヘアメイクは、あの嶋田ちあきさんにお願いしたり、山本寛斎さんのコスチュームをお借りしたり、沖縄でロケしたり「豪華」判でした。
久しぶりに、サンプルピクチャーを取り出して見てびっくりしたのは、変退色をしていない事。
当時「金属染料を使っているので変退色はしない」と言われていました、撮影から37〜38年たって、証明されました。(100年後はいかに・・・)
ちなみに、ポラロイドとフジのインスタックス。撮影後カメラから出てきて、自動的に現像が始まり1分程度で写真ができあがるのは、同じなのですが、その方式は違うのです。
SX70のような自動現像方式のポラロイドフィルムは、鏡に反射させた像を感光させないと、左右反対の写真になってしまいます。だから、自動現像式のポラロイドカメラの内部には、必ず鏡があるのです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-21 07:45 | カメラ | Trackback | Comments(0)
ライカ判からの解放!    9月19日(月)  5808


今日からドイツのケルンで始まるフォトキナ。もしかしたら、記憶に残るフォトキナになるかもしれないと、かってに思っています。
それは「ライカ判から解放」
1914年にオスカー・バルナックがウル・ライカを試作。1925年にライカが発売されて以来91年間、カメラと言えば24mm X 36mmのライカ判が基準でした。それが、崩れる予兆が今回の2016年のフォトキナで感じられます。
それを思うのは、フジのいわゆる中判のGFX 50Sを発表し、APSサイズのXT-2の性能を上げていく戦略に打って出たからです。

b0069507_05340816.jpgフィルム製造会社が、スティルカメラの標準だった35mm判を否定して新しいフォーマットをミラーレスカメラで発表し、それが、新しい流れになるのではないかと思うのです。
オスカー・バルナックは、ライカを作るときに闇雲に24mm X 36mmのサイズを決めたのではなく、緻密な計算と思考で決定したといいます。
当時の大判、8×10等で撮影した写真の解像度は、人間の目が通常の視界距離で解像するよりもずっと詳細に表現されていて、感光板の性能が無駄になっていると考えたオスカー・バルナックは、写真を人間の目に合わせようという発想の転換をしたという事です。
計算の結果、焦点距離50mmのレンズで22mm X 35mmの大きさのフィルムに100万個の画素(デジタル的に計算すると300万画素?)があれば問題無いとの答えを得ました。22mm X 35mmに一番近い大きさのフィルムとして、当時大量に作られていた映画用の35mmフィルムを使う事になり、現在のライカ判の24mm X 35mmが決まったという事です。
フィルムでは、ライカ判に対する挑戦は、コダックのインスタマテック、110フィルム、ディスクフィルム、アグファのラピッドシステム、コダック・富士フィルム・キャノン・ニコン・ミノルタの5社連合でつくったAPSシステム等、フィルムもカメラいくつもありましたが、みんな失敗におわりました。(若干成功したのは35mmフィルムを使うハーフサイズ)
ところが、デジタルになり高画素化が進んで行くとライカ判ではサイズが小さくなり始めました。また、いままで、ライカ判のサイズでなければ無理だった画素数もAPS-Cや3/4システムの大きさでも可能になりました。
そこで、ライカ判を越えるサイズとして、今回フジが採用し、ペンタックス645、ハッセルブラッドX1Dも採用した35mmの1.7倍の面積になるサイズの登場です。フジのセンサーサイズは43.8mm x 32.9mmです。この大きさのセンサーだと、大きくなったライカ判デジタル一眼レフとさほど変わらない大きさのカメラが作れるのも魅力かもしれません。
フィルムとデジタルが決定的に違うのは、フィルムはサイズや規格が変わると現像、プリント設備も新たにしないとなりません。写真的インフラも整える必要があるのです。
デジタルでは、センサーのサイズが違っても、大がかりなインフラ変更の必要もなく、ストレージの大容量化とPCの性能があがるだけで良いのです。
デジタルによりライカ判の縛りが解放されはじめました。

b0069507_05351142.jpgもうひとつ、私にとっての関心事はオリンパスOM-D EM1MkⅡとED12-100mm F4 IS PROの発表と年内に発売されるというニュースです。

このブログ用に毎日ぶら下げているのは、OM-D EM1かPEN-FにM.ZUIKO DIGITAL12-40mmF2.8を付けたカメラです。
EM-1は、毎日使っているとそれなりに不満が出てくるもので、先日、JPS会員とオリンパス技術者との懇談会に出した不満だった点が、EM-1 MkⅡではほぼ解決されているようです。
私が不満に思ったのは、電池の消費が早い、充電時間が長い、バッテリーグリップに電池が1つしか入らず不便、1600万画素では不足、ダイヤルやスイッチが動きやすい等々ですが、バッテリー問題、画素数は解消、それに加えてAFエリアの拡大、ディユアルスロット等の採用など、嬉しいです。
もうひとつ、EM-1 MkⅡ発表より嬉しいのはM.ZUIKO DIGITAL12-100mm F4 IS PROの発表です。現在、毎日使っているM.ZUIKO DIGITAL12-40mmF2.8 PROは、素晴らしいレンズですが、私の使用方法では、望遠側が40mm(ライカ判換算80mm)は何とも短いのです。F値は1段暗くなっても、望遠側が2倍以上も長くなったレンズは、本当に有り難いです。
動画機能も大幅に強化されたようで、ちょっと試してみたいです。
これで、来年のヨドバシカメラ正月のお客様ポートレート撮影はEM-1 MkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL12-100mm F4 IS PROの組み合わせでいけるかもです。
ダイヤル類の配置や、もう一歩の高画素化はMkⅢまで、まつ事にしましょう。
フジが中判を出すとなると、気になるのは、何かと噂のあるCANONの中判です。
CANONやNikonはライカ判用の膨大な数のレンズを世界に供給してきました。それだけに、ライカ判からの決別は難しいと思います。決別はしなくても、ライカ判に縛られない、高画素化するデジタル最適なセンサーサイズの新しいラインを作る事は、採算的に無理でしょうか?
今、カメラのラインナップで世界一はライカです。インスタントフィルム「チェキ」を使用するカメラから、デジタル中判カメラまでそろえ、オンリーワンのモノクロ専用機もそろえています。
これも、デジタルになって、思い切って舵を切った結果です。デジタルは何が起こるかわかりません。
CANONもNikonも頑張ってください。
ところで、デジタルになった今、オスカー・バルナックが計算した結果は、どうなってしまったのでしょうか?



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-20 07:24 | カメラ | Trackback | Comments(2)
神輿渡御そして、 シン・ゴジラ    9月18日(日)   5807


b0069507_637543.jpg17,18,19日は、「日枝神社」「神田明神」と共に、「江戸の三社」と称された牛込の総鎮守赤城神社のお祭りです。
特に今日は、6年ぶりに本社神輿の神輿渡御 がありました。
赤城神社の氏子町会は赤城元町、赤城下町、神楽坂六丁目、横寺町、箪笥町、細工町、北町、中町、南町、払方町、二十騎町、南山伏町、北山伏町、市ヶ谷山伏町、南榎町、弁天町、東榎町、榎町、早稲田町、早稲田鶴巻町、山吹町、東山吹町、中里町、天神町、天神東町、矢来町、矢来東町、矢来南町、築地町、改代町、牛込水道町、西五軒町の32町会。新宿区の北東部は町名保存運動もあり、江戸時代からの町名が続いています。ここを朝7時30分の宮出しからよる20時頃の宮入まで渡御 します。
この地域は、山の手の下町と言う、微妙な地域。山の手のツンとした雰囲気でもありませんが、下町の隣近所みんな親戚的な感覚でもありません。
最近は、地場産業の大日本印刷や共同印刷の下請けの印刷、製本業界がデジタル・Webにより縮小、その工事跡地に大きなマンションが多く建ち、新住民と旧住民、住む人々の雰囲気も変わってきています。
赤城神社を出た神輿は左折して神楽坂六丁目に担ぎ手に担がれて神楽坂を下ります。
古い石畳と食の町神楽坂、日曜日は観光客が多いのですが、撮影した朝7時45分にはまだ眠りのなかです。
b0069507_70311.jpg神輿とは朝でお別れして、午後は面白いと評判のシン・ゴジラを見ました。
私が子供の頃、ゴジラやモスラの映画は子供達が見ていましたが、今日の映画館には子供は殆どいませんでした。
映画に何を期待するかによって違うと思いますが、私の感想は微妙です。
昔の特撮、今のCGやVFXは精緻で子供の頃に見ていたゴジラや怪獣物の特撮とは比べものになりません。その点は面白かったですが、最初に出てくる大きくなる前のゴジラの顔、特に目が漫画チック過ぎるのだけは気になりました。
問題なのは、ドラマ部分。福島原発の事故対策を揶揄していると言われています。
それなりの俳優さんが出演しているのですが、チャッチく感じられるのは、脚本がイマイチだからでしょうか? 演出がイマイチだからでしょうか? (そういえば、なにかのTVで石原さとみさんが、監督の演技指示は無言の指示だったと言っていました。)
でも、原子力発電所と巨大ヘリとテロリストの映画「天空の蜂」よりは、数倍よくできています。
その石原さとみさんが演じている役、Netでは彼女の英語の発音がどうのこうのと言われていますが、それ以前に役の設定や演技は、リアル感が無く鼻白みました。
石原さとみさん、特にファンという訳ではありませんが、彼女がかわいそうになる役だと思いました。
大人向けのストーリーも面白く、演技もしっかりしているゴジラって無理なのでしょうか?
でも、お金払って見て損したとは思いはしませんでした。むしろ、エクストラチャージを払っても、映画館全体が動くMX4D版を見たいと思いました。
映画館の音響効果って凄いです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-19 08:28 | イベント | Trackback | Comments(0)
輪廻・・・  9月17日(土)  5806


b0069507_362621.jpg20日から始まるフォトキナに向けて各カメラ会社、新製品を発表していますが、私が一番驚いたのは「Leica SOFORT」。ライカ版チェキです。
ボディー背面に「DESIGNED BY LEICA CAMERA GERMANY」と入っていて、デジカメWatchによると「チェキ instax mini」シリーズに通じる部分が見られる、との事なので、フジのOEMなのでしょう。
日本での価格は税込3万4,560円との事なので、気軽に買える唯一のライカです。
ライカ、ここ10年でコンパクトデジカメからデジタル中判カメラまでデジタル一眼レフも、モノクロ専用機も、ミラーレスも、レンジファインダーデジタルも、そしてフィルムカメラもラインナップにある、世界で唯一のカメラメーカーになっていましたが、Leica SOFORTインスタントカメラまで揃えて、完全制覇になりました。ライカも変われば変わるものだと思うとともに、どんな製品でも「ライカ」らしさを保つ、「ブランド」力は凄いです。
ライカ版チェキの「Leica SOFORT」に、私が感慨ひとしおなのは、かつて、フジフィルムに破れた日本ポラロイドの撮影をシャオから大判20x24まで、四半世紀にわたりしていたからです。
インスタント写真と言えばポラロイドしか無く、NHKも「ポラロイド」と言っていた時代があり、やがて引き剥がし式のインスタントフィルム市場に、フジがフォトラマを売り出し、プロのフォトグラファーのテスト撮影の分野で、かなりのシェアをしめました。諸事情があり、フォトラマはアメリカでは発売されなかったようで、日本に来たアメリカのフォトグラファーが大量に、フォトラマを買って帰ったという話も聞きました。
そして、ポラロイド シャオ (Xiao)、JOYCAMヒッパレー等のヒット商品を出して「我が世の春」時代だった1990年代後半から2000年に入っての数年間、その頃、フジはチェキを売り出しました。色々あって、アメリカのポラロイドは、2001年にChapter 11という連邦倒産法第11章の適用を受け倒産、その後も営業をつづけ、私の仕事にも全く影響がなかったのですが、ちょうどコンパクトデジカメが勢いを増し、携帯電話にカメラ機能がつき始めてインスタントフィルム自体の販売量が激減、2008年に親会社の不正疑惑による財政状況の悪化を受け2度目のChapter 11を申請して完全に破綻、フィルム生産からも撤退してしまいました。
2000年は、日本でのコンパクトフィルムカメラとデジタルコンパクトの生産量が50%50%になった年。その後1〜2年でその比率はあっというまにデジタルが上回りました。普通のフィルムの出荷量が減るなかで、フジはインスタントフィルムを作り続けていたのです。
そして、ここ数年、再びインスタント写真がアジアから人気が出始め、日本でも見直されるようになりました。
フィルムの生産ラインが減っていく中で、2〜3年前にフジはチェキの生産ラインを増やしました。デジタル時代にフィルムの生産ラインを増やすなんて凄い事です。
そして、ライカ版チェキの発表・・・
この結果は、日本とアメリカの物作りの姿勢、会社に対する考え方の差による結果です。
正直、フィルム、カメラの性能はフジの方が良かったです。アメリカ国内では、諸々の事情でフジを売らないようにして、シェアを取られないようにしていました。でも、日本では違います。激烈な競争をしていました。フィルムやカメラの性能の劣るところは、仕事を受けた私たちプロが撮影方法でカバーして、巧みなマーケッティングで販売を維持していました。ところが、敵はフジではなく、デジタルという敵が思いもよらぬスピードで大きくなり、インスタント写真のシェアどころか普通のフィルムのシェアすら殆ど無くなってしまいました。
その間も、どういう戦略があったかは知りませんが、チェキのカメラとフィルムを生産し続け、改良し続けたフジは偉いです。それが、ライカまでチェキフィルムを使ったカメラを作る結果として現れています。
コンデジが台頭してきた頃、本当の即時性はインスタント写真だとポラロイドは言っていました。今になって思うのは確かにそうです。2000年がデジタルカメラ元年とすると、もう16年経ちました。この頃はデジタルは途中経過までの即時性はありますが、結果への即時性は疑問とおもうのです。でも、インスタント写真は結果までの即時性があるのです。
なぜ最近インスタント写真が再注目を浴びるようになったというと、コミュニケーションのスタイルが変わってきたのではと思うのです。デジタルとWebにより様々なコミュニケーション手段が登場しました。ともすれば、スマホやタブレットを1日中いじって、生身の人間とは挨拶程度で、会話をしない日もあるのではないでしょうか?そんな時代に少し変化が起きているような気がします。
そのある種の面が、本当の即時性があるインスタント写真の再人気という現象になっているのかと思います。
仕事としての撮影は、現像や印刷といったフィルム写真向けのインフラが殆ど無くなってしまった現在は、デジタルでつづくでしょうが、コミュニケーションや文化という面では、フィルムが再注目されはじめています。
ライカブランドのチェキに会わせるように、モノクロのチェキフィルムも発売されます。
3万4,560円で買えるLeica SOFORT、日本ばかりでは無く、世界にどんなムーブメントをおこすか、楽しみです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-18 08:58 | カメラ | Trackback | Comments(0)
打ち合わせ。  9月16日(金) 5805


b0069507_4423994.jpg今日は、朝10時からフォトグラファー山岸伸さんと、打ち合わせでヨドバシカメラ本部へ行きました。
打ち合わせの後、ロビーに展示してある、JPS会員でもあるヨドバシカメラ専務・日野さんの作品の前で記念撮影。
それにしても、FUJI X-T2って伸びますね〜。
少し暗い会場での阿波踊り、結構感度上げて撮影していると思うのですが、「それなり」にシャープです。
35mmの感度の高いカラーフィルムだったら、こんなに大きくしたら粒子も目立って、近くで見たらザラザラだと思います。
それに比べて、今のデジタルは・・・ シャープさの概念が一回りも二回りも違います。その観点から見て「それなり」シャープなので、フィルムとは比べものにならない、シャープさです。
低感度での撮影だったら「それなり」なんていう言葉は、どっか行ってしまうでしょう。
APSサイズでこれなので、フジ噂の中判だった、どんなに凄い事になってしまうのでしょう。
APSでしっかりした画質のカメラを作り、35mmフルサイズを飛ばして、中判というフジの戦略は賢い戦略だと思います。
中判には動画機能など入れずに、少し小型に作れれば、フィルム時代より大きくなった35mmフルサイズ一眼レフと機動性もそんなには、変わらないと思うのです。
以前の、フジの中判デジタルは成功したとは言いにくいですが、今度のフジの中判は、エポックメーキングなカメラになるかもしれません。
ところで、何の打ち合わせだったかは、まだ内緒です。オタノシミニ!!



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

 
# by mash_boss | 2016-09-17 10:22 | カメラ | Trackback | Comments(0)
緊急連絡 中止です。   9月15日(木)  5804


b0069507_43876.jpg今度の日曜日、18日のヨドバシカメラ福岡撮影会、台風16号のため中止になりました。
ヨドバシカメラ撮影会、通常は雨天決行で、これまでかなりの悪条件でも実施しましたが、台風に遭いそうなのは初めての経験です。
台風16号が近づいています。速度が遅くなったとは言え、安全を考慮しての中止の決断だったのでしょう。
撮影会を楽しみにしていた皆さん、ヨドバシカメラさんは、来年はもっとパワーアップして福岡での撮影会を開いてくれると思います。

See you again next year at Fukuoka!!

今後のヨドバシカメラ撮影会の予定です。
10月2日(日) 東京 第1回豊島園撮影会 詳細はここから!

10月16日(日) 仙台・七北田公園撮影会 詳細はここから!
11月6日(日)京都・宇治太陽が岡モデル撮影会 詳細はここから!

みなさん、お待ちしています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-16 07:31 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
どうしても、気になってしまいます。   9月14日(水)  5803


今日も、色々ありましたが気になってしかたが無いのは、台風16号の動き。私の周辺では、全く気にする人も無く、台風の話をするとキョトンとする人ばかりです。
でも、連休に台風が来るかもという予報が、TVで流れ始めたので、明日あたりから感心を持つ人が増えるかも・・・
このブログを見ていただいている方はおわかりでしょうが、台風が気になるのは、18日(日)にヨドバシカメラ福岡撮影会があるからです。
b0069507_2472359.jpgどうか、コースが変わってくれと祈りながら見てしまうのが、6時間毎に更新されるJTWC、ハワイにある米軍合同台風警報センターの台風進行予報図。
これを見ると、撮影会が始まる18日10時30分は、やっと台風からの風が吹き始める頃のようです。
日本の予報とは若干ちがい、JTWC予報の方が、台風は福岡から離れて通るようです。
いずれにせよ、秋雨前線が日本列島にかかっているので、雨は覚悟しましたが、台風どまんなかは避けられるみたいでホットです。
「嵐の前の静けさ」という諺がありますが、前線が少し移動して、青空のぞかないかなどという、希望的観測を持ってしまいます。
b0069507_3114883.jpg後は、撮影会会場小戸公園一帯の航空写真を見て、木が多そうなので、弱い雨だったら、木の下にモデルさんを入れて写せるかな〜 等と想像をしています。
撮影場所として使えるのは、小戸大神宮、浜辺、芝生広場、ヨットハーバーは使えません。
撮影会の前日17日にロケハンして、雨天対策たてます。(たぶん、立てられると思います。)
準備はしっかりして、後は神のみぞ知る、ケセラセラ、Whatever will be, will be. Let It Be.なのです。
フォトグラファーは楽観主義者でなければ、やっていけません。

でも、もしかしたら帰りの飛行機、飛ばないかもしれないので、+1泊の準備と覚悟はしておくつもりです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-15 07:44 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
写される側   9月13日(火)   5802


b0069507_4573829.jpg今日は、珍しく写される側・・・
11月に発行予定の、どちらかというとプロフェッショナルフォトグラファー及び予備群向けの機材関係ムックの取材を受けました。
喋っている時に写されるのは、意識はしないのですが、インタビュー終了後の写真撮影は緊張します。
こういう時は、モデルさんて凄いと思います。
さて、本日取材に来た編集者、16日にフォトキナに向けて出発します。
私のまわりのカメラ関係のライターや編集者、機材に詳しいフォトグラファー達が今週末くらいから、ドイツ、ケルンのフォトキナに向けて出発します。
聞くところによると、19日は、メーカーのプレスカンファレンスが朝から晩まで、続くそうです。
デジカメinfoや軒下デジカメ情報局の噂の情報が、次々に表に出てきます。楽しみです。
「当たるも八卦当たらぬも八卦」、噂の結果はいかに・・・
b0069507_5224741.jpgPCの画面にこんなアラートが!!! JPS・出版、広報委員会中のできごとでした。
変なサイトを見ようとしていた訳ではありません。
女性報道写真家の第一号、今年102才の笹本恒子さんが、世界的に優れた写真家や作品(出版社)に贈られる“写真界のアカデミー賞”と言われる「Lucie Awards(ルーシー賞)」を受賞したので、そのサイトを見ようとしたところ、このアラートが・・・
正確にいうと、トップページのlucies.orgは普通に見られるのですが、笹本さん受賞のページに行こうとするとこのアラームがでます。
ちゃんとした、サイトなので問題はないと思います。ミーティング中で他の出席者は見られたので、ブラウザーのサファリの設定のせいかもしれませんが、念のため、ここから先へは進みませんでした。後で、設定見直します。
いままで、20年も色々なWebサイト見ていますが、こんなアラート初めてです。ブラウザーのセキュリティーレベルが上がったのか、ウイルスが進化したのか・・・  イタチごっこです。
追記 グーグルクロームでも、同様でした。Firefoxでは「攻撃サイトとして報告されています!」とのアラートが出ます。ブラウザーのセキュリティー設定のせいでは無いのでしょうか?



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

# by mash_boss | 2016-09-14 07:27 | 機材 | Trackback | Comments(0)