アシスタント募集です。
MASHでは、アシスタントフォトグラファーを若干名募集します。
甘い言葉で誘う気はありません。修行のできる方を募集します。
勤務地は東京・市谷です。
撮影内容は商品撮影60%、人物撮影40%です。経験は問いませんが、未経験者の場合かなりの努力が必要です。
人にもよりますが、約3年間のアシスタント生活を終了後、MASHのフォトグラファーになるもよし、フリーランスフォトグラファーになるもよしです。
待遇は以下ですが、必ず「アシスタントの覚悟」を読んでください。

「アシスタントの覚悟」
# by mash_boss | 2017-04-30 08:39 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
今日は2009年が中心・・・   4月29日(土・祝)   6027

本日は、月1回のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブデーでした。
広告写真は消費される写真です。我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品は、我々フォトグラファーがアーカイブしなければ残りません。
「広告は時代を写す鑑である。」現在リニューアル休館中の東京汐留のアド・ミュージアム東京に掲げられていた言葉です。
我々が制作に協力した広告作品は、時代を経るとそれを制作した時代の様々な情報を得る元にもなります。その情報は、今の我々には想像もできないものかもしれません。
APAは日本の広告写真のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役にたちたいと思います。
その、第一歩が広告作品の複写によるデジタル化です。
デジタル化したオリジナルポスターは、写真の町・北海道・東川町が保管をしてくれます。
コマーシャルフォト誌の協力で2012年9月から開始したこの作業、これまで3600以上の作品をデジタル化し、3400以上の作品を東川町が収納してくれました。

b0069507_3135959.jpg本日は、長尺デーでした。
デジタルになって、印刷ではなく大判プリンターを使った「出力」といわれる、プリントによるポスターが作られるようになりました。
印刷ですと、印刷機と印刷用紙の制約で印刷できる大きさの規格は決まっていますが、プリントだとその自由度は高まります。
大判プリンター用のロール紙を使った長尺ポスターが、2000年代の初期の頃からでてきました。
長尺ポスターの複写には、人手が必要なので通常は避けているのですが、今日は参加者が多かったので、たまっていた長尺ポスターの複写をしました。本当は長いポスターを切らずに撮影したいのですが、撮影装置の都合上、B倍サイズに切って撮影するしかありません。
写真は、本日一番長かったポスターです。B倍4枚分、1.03mX5.824mのポスターです。
b0069507_412653.jpg撮影順番待ちのポスターです。
本日は2009年のポスターが中心です。
最初は、デジタル化したポスター類は捨ててしまう予定でした。ところが、作られた年代や技術で「紙」といっても多種多様で、オリジナルを残す必要性を感じました。
特に「出力」用紙は、紙の厚さ、光沢、マット、半光沢と様々です。
問題は、オリジナルを保存する場所です。そこに名乗りをあげてくれたのが、北海道の写真の町・東川町でした。
b0069507_49552.jpgAPAが既製の製品を改良してつくったB倍複写装置です。
ホワイトボードのように見えますが、静電気で紙が貼り付くようになっている装置です。
静電気だけでは貼る力が弱い場合は3Mの両面テープ 561Wの力をかります。
本日は88枚をデジタル化しました。
b0069507_4235410.jpg作業をするとお腹が空きます。
お昼は、いつも近所のバーミヤン。
本日は、4月13日〜5月10日限定の「しっとり赤身のローストビーフまぜそば」をいただきました。
これで税抜¥799,- 満足です。ついでにビールも飲んでしまいました。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-30 07:14 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
便利だけど・・・ 少し怖いです。   4月28日(金)   6026


b0069507_4113425.jpg一昨日、Appleの電話サポートを受けたことをエントリーしましたが、結果に時間が必要な事だったので、2日間に分けてサポートを受け解決しました。それぞれ1時間くらい、計2時間程電話で話しました。高校や大学の時に家の電話で彼女と長電話して依頼です。(その時は、親に怒られました。)
2日間2時間の、サポートは本当に丁寧な対応でした。
電話サポートの方は、仕事とはいえ相当な忍耐が必要で、ストレス溜まるでしょうね。
最後の方は私のiPhoneの画面を、サポートの人が見られるように設定して、サポートしてくれて、世の中便利になったな〜 と思いました。でも、もしかしたら、この技術を使えば色々な人の携帯電話やPCを覗けるのではと少し怖くなりました。
アメリカのTVドラマ等では捜査機関がいとも簡単に容疑者の通話記録やメール、クレジットカードの使用履歴やGPSでの位置確認等をして犯人を捕まえてスキッとしますが、 結局、これって、プライバシーは丸裸にされている事なのですね。
これは、あながちドラマだけでは無く、ウィキリークスで監視社会の一端が垣間見えましたが、ちょっと怖い事です。
色々なテロが、世界中で起きている現代では、致し方ないかなとチョットは思ってしまいますが、複雑な心境です。
電話も使わない、もちろん携帯電話は持たない、スイカやイコカのようなカードも、クレジットカードも持たない、Netも使わない、防犯カメラにも写らないようにしなければ、現在の文明社会では個人の情報は、必ずどこからか漏れているのでしょう。
今の社会、上記の道具を全く使わず、スタンドアロンで暮らそうとしたら、全く何にもできなくなってしまいます。
To be or not to be, that is the question. どうするかな〜 
b0069507_4542285.jpgさて、今日は3回目のプレミアムフライデーです。
連休前の金曜日、今日が初めて実質的にプレミアムフライデーが生きる日になったのでは・・・ MASHも18時過ぎには、全員上がりました。
ちなみに、面白半分(不謹慎です。)でMASHはロゴマーク使用承認を申請したら、承認されました。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-29 07:32 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
東京カメラ部2017写真展 4月27日(木) 6025


b0069507_4552818.jpg 東京カメラ部写真展2017のオープニングレセプションにおじゃましました。

b0069507_458314.jpgこの写真展は、Netで応募する写真展。
なので、会場を撮影してSNSで拡散OKです。
ただし、画面に人が入る場合は、許可を取る事 です。
b0069507_55186.jpg先ずは、運営会社社長の挨拶から。
東京カメラ部を運営している会社ですが、今年3月に会社名そのものを、東京カメラ部に変更しました。
今年のテーマは「人生を変えた1枚。人生を変えた1枚。」です。
この写真展はNetで応募した190万点の写真から選ばれた写真展です。
b0069507_5283867.jpg会場、フォトグラファーの相原さんにお会いしました。
話題は、健康診断と引っ越しとラッキーさんの事??
お隣は、フジフイルムの小澤さんです。
蛇足ですがフジはフィルムではなく、フイルムです。
Canon はキャノンでなくキヤノンです。
b0069507_6113174.jpg乾杯は、昨年から東京カメラ部と共催企画「日本の47枚」をしているアサヒカメラ編集長・佐々木さんです。
佐々木さんは、和服を日常的にお召になっています。
ちなみに、日本カメラの編集長も佐々木さんです。結構、混乱が起きるらしいです。
b0069507_549395.jpg立木義浩さんは、立木節で写真展の総評を…
触れるプリントの大切さ、もっとスナップ写真を、等々印象に残る言葉がたくさんでした。
立木さんのお話は軽妙洒脱です。
b0069507_5583539.jpg立木さんが選んだ10選です。
b0069507_604865.jpg今日、会場にいらしていた入賞入選者の記念撮影でお開きになりました。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-28 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(1)
便利だけど・・・   4月26日(水)   6024

b0069507_553357.jpgアシスタント募集では、皆さんからの反響がたくさんあって、関心の高さを知る事ができました。
労働基準法の面を指摘してくださる方もいらしやいました。
現在、大きな弁護士事務所が「過払い金」問題でラジオやTVのCMを流していますが、彼らの次の狙いは労基法関連だと聞いた事があります。
そんななか、京都の東本願寺の2人の僧侶に対する残業代未払いがあったとのニュースが・・・
真宗大谷派は「僧侶の勤めに関して『奉仕』『労働』の線引きが曖昧で、法令順守への認識が不十分だった。」とコメントを出しているようです。お坊さんまでもが・・・ そして、 驚いたのはお坊さんにも労働組合がある事です。時代は変わったと思いました。
先日の、日経産業新聞に「日本の質の高い、まじめな労働者こそが、オートメーション化を阻んでいて、生産性を上げられない一因」になるという記事が載っていました。
1960年代後半から70年代にかけて、結構な人数の日本人のフォトグラファー志望者がアシスタントとしてN.Yに行きました。日本人のアシスタントは、まじめで気が利いているという事で、評判が良かったようです。ちゃんと働くというのは、日本人のDNAに組み込まれているのでしょうか?
職人さんの見習いとか、アシスタントフォトグラファーの仕事ってITやロボットが入る余地はどのくらいあるのでしょうか?  
さて、ちょっとした事情でiPhon6Sから6Sプラスに機種変をしたのですが、iPadやMacbookPro,iMac等を使っているうちにAppleIDが2つできていたりで、ちょっとトラブっています。
Appleの電話サポートを受けました。丁寧な対応でしたが、問題はまだ完璧に解決していません。
そもそも、Apple IDを2つ作ってしまった私がいけないのでしょうが、便利なものを使い切れるようになるまでには、不便さにも耐えなければ・・・ けっこう面倒くさいです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-27 08:05 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
何故アシスタントの給料は安いのか・・・ 4月25日(火)   6023

b0069507_502547.jpg昨日につづいて、アシスタント関連です。
何故アシスタントのお給料は安いのか・・・?
理由は簡単です。それは、フォトグラファーになって欲しいからなのです。
アシスタント君をフォトグラファーにしたくなかったら、たくさんお給料を払い、甘やかせばいいのです。(但し、雇う方としてはストレスたまります。)
反対に、少なめのお給料で、ハードワークだったら、骨のある人物だったら、フォトグラファーになる確率は上がります。アシスタント、考えようによっては、こんな馬鹿らしい職種はないのです。そこから抜け出すには、フォトグラファーになるか、普通の仕事に転職するかです。
お金の魔力って結構あります。
アシスタントを正規の仕事と思ったら、大間違いです。仕事はきついは、時間は不規則だは(友達との約束は、なかなかできません。)、怒られる事もあるは、 そして給料は安いはです。
アシスタントをしながら、普通の生活をしようと思ったらできません。そう思うのなら、もっと働く時間は短くて、稼げる仕事はいくらでもあります。目標を失うと、すぐにお金の魔力に負けてしまいます。
アシスタントは、稼げるフォトグラファーになるための一過程にしか過ぎないのです。ですから、アシスタントは2~3年間なのです。
2~3年の間に、テクニックをしっかり覚え、プロファッショナルフォトグラファーとしての、仕事のシステムを覚え、長くフォトグラファーとしてやっていける、スキルを身につけるのです。そうすれば、長く続けられるフォトグラファーになる可能性が多くなります。もちろん、フォトグラファーになってからも、怠けてはいけません。
MASHのアシスタントのお給料は、税込み¥180,000,−です。少し前までは¥160,000,-でした。
東京で部屋を借りて生活できる金額だと思います。
私の修業時代は、アシスタントは親元から通うか、親に補助してもわなければやっていけない給料でした。そういう意味では、機会不均等な仕事でした。それではいけないと思い、現在のお給料にしました。
アシスタントは、仕事が忙しければ、食事は付いてまわります。有料の写真展を見にいく場合には入場料は会社でもちます。入社3ヶ月たてばスタジオを使ったり、会社のカメラを使ってもOKです。
2~3年は写真浸けの期間が必要です。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-26 07:26 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
アシスタント募集です。  4月24日(月)   6022

MASHでは、アシスタントフォトグラファーを若干名募集します。
甘い言葉で誘う気はありません。修行のできる方を募集します。
勤務地は東京・市谷です。
撮影内容は商品撮影60%、人物撮影40%です。経験は問いませんが、未経験者の場合かなりの努力が必要です。
人にもよりますが、約3年間のアシスタント生活を終了後、MASHのフォトグラファーになるもよし、フリーランスフォトグラファーになるもよしです。
待遇は以下ですが、必ず「アシスタントの覚悟」を読んでください。


募集職種:撮影アシスタント
募集人員:若干名
仕事内容:撮影助手。スタジオ・機材の維持管理。
資格:26歳位まで(経験不問)。学歴不問。国籍不問(不法滞在で無い事。日本語でコミュニケーションができる事。)
大学卒業程度の学力または写真専門学校卒業程度の写真、カメラの知識、要普通自動車免許。
免許を持っているだけで無く実際に運転できる事。
給料:¥180,000,- 交通費支給。21時以後夕食補助有。
賞与:業績に応じての金額
勤務日:月〜金。土日、祝日休み。夏期、年末年始休暇有。休日出勤の場合は代休。2年め以降有給休暇有り。
勤務時間:原則9:30〜18:30  ロケーションの場合早朝出勤あり。
社会保険完備
※保証人必要。
応募方法: メールで履歴書、職務経験がある人は職務経歴書もお送りください。後日面接日をお知らせします。

履歴書 等送り先、問い合わせ先。info@mash-jp.net


アシスタントの覚悟
# by mash_boss | 2017-04-25 07:27 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
Break time ⅸ  4月22 日(日) 6021
b0069507_09145.jpg

禁酒法ってご存じですか?
1920年から1933年まで、アメリカで施工された法律です。
飲用アルコールの醸造、販売、運搬、輸入が禁止されました。
ただし、自分が飲むお酒を自分で造るのはOKだったとか。
だから、自分の庭に葡萄を栽培する人が増えたとか・・・
私の時代は、Untouchables.
シカゴマフィアとエリオット・ネスのTVドラマ、毎週夢中でした。
このボトルは、そんな禁酒法が解除された年、1934年1月のワイン?のボトルです。
Aged bottle 私の宝物です。
ラベルには205 East 42nd Street, New York, NY, にあったMARVIN & SNEAD,INCが輸入。
グーグルマップで見て、そしてググると今でも会社はあるらしいのです。
古い瓶一本で N,Y旅行ができました。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。




# by mash_boss | 2017-04-24 08:23 | 写真 | Trackback | Comments(0)
お掃除大切です。   4月22日(土)  6020

b0069507_1464137.jpg今日も、いろいろと整理していたら、こんなものが出てきました。
イラスト化した私です。「いらっしゃ〜い」なんて聞くと、私の世代は桂文枝さんが浮かんでしまいます。
さて、このイラストが載っていたのは、2007年5~6月号のPHaT PHOTO の「手とり足とりPhoto修行」というページ。
「カメラのお掃除グッズとお手入れ方法をしろう!」という特集でした。
プロフェッショナルフォトグラファーとして、機材やスタジオの掃除に対する考え方について取材を受けました。取材のエディターさん「いらっしゃ〜い!」なのです。
このイラスト気に入っています。当時は髪の毛をダークブラウンにしていたのでデフォルメされて茶髪になっています。
さて、特集のなかで「このスタジオでは、掃除全般に関してを“気づき”のもとと考えているんです。カメラマンになるっていうのは、いろんな事に気づかないといけないんですよ。
毎日の掃除の中で、ここにあれがないなとか何かおかしいなとかそれぞれで気づくことが、仕事にも結びついてくるんです。」なんて事を言っています。また、こんな事も言っています。「撮影をスムーズに進行させるために、アシスタントはいろいろな事に気づかなければならない。そういう事は掃除をしながら覚えていくことなんです。掃除ができれば仕事もできる・・・ってことになる」
この考え、今でも変わりません。
他には、カメラの掃除道具や三脚の掃除のしかた等を話しています。
4ページの特集ですが、私の他にハクバ写真産業の方がお話しています。全ページイラストで説明しています。アサヒカメラや日本カメラ、CAPA等の昔からある写真雑誌だったら決して無い誌面です。
あの頃は、携帯電話から写真に目覚めたり、デジタルカメラで写真に興味を持つようになった、女性を含む、新しい層がでてきて、そこをターゲットにしたオシャレな写真誌や解説本がたくさん発刊されました。
今はPHaT PHOTOって書店販売止めて、原則定期購読になっていたのですね〜。
この取材を受けた頃に勢いのあった「女子カメラ」も「女子カメラGENIC」に変遷、「カメラ日和」も休刊してしまいました。出版各社からたくさん出ていた「柔らか」めのカメラ雑誌はとうに無く、十年一昔といいますが、この10年にはリーマンショック、人口減少も始まりました。デジタル時代の出版、写真、カメラの10年は大きい変化です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-23 07:20 | 機材 | Trackback | Comments(0)
バックペーパー整理と処分です。 4月21日(金)  6019

b0069507_17165331.jpg朝一で、アシスタントの堀内は、撮影用バックペーパーの整理です。
撮影の背景に使うバックペーパーは巾2.7m、長さ11mが標準サイズです。
ロール状で堀内が持っているダンボールのケースに入っています。
色は50色以上そろっています。
お値段は、1本¥12,000,-弱です。
汚れたり、皺がよったりしたら切りながら使っていきますが、どうしても中途半端なメートルが残ります。
きょうは、たくさんあるバックペーパーの中身をチェックです。
中途半端に残っているものは処分します。
処分といっても、捨てるわけではありません。前にもかきましたが、MASHでは近所の保育園や幼稚園に連絡してさし上げます。
バックペーパーの余りは、子供達にとっては大きな大きな色紙、子供達は大喜びです。
この処分方法は、私が修行していた杉木直也さんから教わった事です。
広告系の撮影って、スタイリストさんが集めたもので、買い取りの物の衣類や小道具等いろいろな物が結構余ったりします。こういう物は恵まれない人達の施設に寄付をします。
世の中、企業の社会貢献活動なんて事が言われる昨今ですが、こんな事でも、結構喜んでいただけます。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-22 07:30 | スタジオ | Trackback | Comments(0)
う〜ん 悔しいな〜!! 4月20日(木) 6018


b0069507_1655364.jpg昨日、今日と新製品がいくつか発表されました。
何といっても、SONY α9発表はビッグニュースです。
以前、お話を聞いた某メーカーさんは「東京オリンピックまでは一眼レフだろう」と言っていましたが、α9の連写スピードやAFのシステムを見ると、東京オリンピックはどうなるのだろうと思います。
あとは、ミラーレスカメラが持つ独特の弱点を、SONYがどのくらい克服しているのでしょうか?興味津々です。
このカメラの登場によって、2020東京オリンピックがどうなるかが楽しみです。
CanonやNikonの対応はどうなるのでしょう?
b0069507_178559.jpg私にとっての関心事はこちらのカメラ、フジのインスタックスSQ10 です。
デジタルカメラで写した画像をチェキにプリントアウト、しかも新発売する正方形のチェキフイルムにプリントアウトするというカメラです。そして、撮影したデーターはマイクロSDにも保存できるのです。
実は、以前、同じようなカメラをポラロイドが試作していたとおもいますが、陽のめをみる事はありませんでした。
その頃、2000~2004年位だったと思いますが、写メやコンパクトデジタルカメラが台頭してきて、ポラロイドに代表されるインスタントフイルムは将来どうなるかとささやかれ初めていました。
でも「本当の即時性は写してその場でプリントができるインスタントフィルムにある」というコンセプトで、広告を展開していました。
ポラロイドは、その後アメリカの連邦破産法で破産してしまいました。
それから、十数年、当時のライバルがより完成した形で、SQ10を発表しました。しかも、フィルムがポラロイドSXシリースを少し小さくした、正方形のサイズです。インスタグラムをはじめとして正方形が若い人に人気があるという事です。
インスタントフィルムの即時性の優位さを、今回はフジフイルムも言っているようです。
もっとビックリしたのは2017年の世界のコンパクトデジカメの出荷台数が1000万台程度なのに、チェキは2013年3月には160万台だった販売台数が2017年3月期には660万台、来年の3月期には750万台を目指すとか…
実は、2009年のCESで、新生ポラロイドがポラロイドが開発したプリント方式のプリンター一体型のデジタルカメラを出しているのに、世間は全く関心を示さなかったようです。期は熟していなかったのでしょう。
世の中「たら、れば」を言ってもしょうがないけど、以前のポラロイドがもう少し頑張っていれば…
我々、ポラロイド広告制作チームは「即時性、楽しさ」を前面にフジに負けない広告を作っていただけに、悔しいです。
でも、ここは、インスタントフィルムを残し、正しいマーケッティングで再びヒット商品にして、デジタルとも融合させたフジフイルムに脱帽です。
あまり関係はないかもしれませんが、東芝のメモリー部門、どうにか頑張って日本に残して欲しいです。10年後、あの時売らなければとなっていると思います。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-21 07:23 | カメラ | Trackback | Comments(0)
レンズ試用  4月19日(火)  6017


b0069507_1558697.jpg超広角レンズの購入前の試用です。
今度、購入を検討しているのは右側の大きな目玉のレンズです。シグマ12-24mm F4 DG HSM Art です。
キャノン11mm~24mm程でないにしても、かなり大きいです。
左は、これまで使っていた、やはりシグマの初代の12-24mm F4.5-5.6 EX DG Aspherical HSMです。2003年に発売されました。新しいレンズは3代めになります。
キヤノンのワイドは11mmで、画角は117°
シグマのワイドは12mmで122°。不思議です。
お値段も、ヨドバシカメラでキヤノンは¥437,000 ,- シグマは¥167,110,-。
インテリアや建築の撮影が多いフォトグラファーはキヤノンというチョイスもあるでしょうが、MASHの場合は、シグマで十分です。十分というと、何かに妥協しているいるような感じですが、決してそうでななく、以前のサードパーティーのレンズに比べた性能は格段の良さです。
お〜っと、シグマは、レンズ専業メーカーでなく、カメラメーカーだという事を忘れてはいけません。

b0069507_16224959.jpgさっそくスタジオの外で1枚スナップ。
異次元のワイド感です。
私のフィールドの広告系の撮影では、あまり広角レンズは使いません。
たまに、インテリアや建物の撮影があると使います。フィルム時代は、アオリの効く4x5や6x9のカメラで撮影しましたが、デジタルになりインテリア撮影や建築撮影で大切な水平垂直はフォトショップやRaw現像時にソフトで修正します。
画角の余裕のない無いレンズで撮影すると、ソフトで水平垂直を修正する時に、被写体が切れてしまったり、修正が中途半端になってしまいます。
そういう意味では、画角が広いという事は、4X5のレンズで言えばイメージサークルが広いのと同じです。
5000万画素ある5Dsで撮影、ソフトで垂直水平を直した画像でも、結構な画素数があるので十分使えます。ただし、レンズの性能がきちっとしていなければ無理な話です。
インテリア撮影もデジタルになり、超楽になった撮影の筆頭です。
フイルム時代、広告系写真のレベルでのインテリア撮影は、レンズフィルターやライトに、更には地明かりのライトにまでフィルターをかけて撮影したりして大変でした。4x5のネガカラーで撮影して、色補正をしてカラーポジにした等という、映画みたいな事をした事もありました。
それが、デジタルになったら…



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。
# by mash_boss | 2017-04-20 07:26 | 機材 | Trackback | Comments(0)
Leica store at GINZA SIX 4月18日(火)  6015


b0069507_5475150.jpg今年の銀座で一番の話題になるに違いない、GINZA SIXのプレオープニングに行って来ました。
銀座・松坂屋跡地を中心に再開発した、銀座中央通りの5丁目から6丁目にめんした115mX90m、地下6階地上13階という大きなビルです。
本日のGINZA SIX周辺は、日曜日の昼よりも人が多い感じです。
b0069507_614343.jpg目的はここ。ライカストアーがギンザシックスにオープンしました。
ライカ、これで日本だけで直営店10店舗になります。凄い勢いです。
お客さんも、ご覧のとおりです。通路を挟んだ前のお見せから苦情が出たとかでないとか…
b0069507_6211064.jpgライカ本社からも偉い人が来てご挨拶。
b0069507_6251677.jpgこんなお客さんも。
スマホ・ライカ?? 
このきれいな女性は、何者なのでしょう?
桃井君が写しているのは、この店限定セット。
b0069507_6281866.jpgこれです。
ライカGINZA SIX限定5セット受注生産「ライカTL エアロコンセプトエディション」です。
セット内容は、ライカTLボディ(カラーは選択可能)、標準ズームレンズ・ライカ バリオ・エルマーTL、 F3.5-5.6/18-56mm ASPH.」、大口径標準レンズの「ライカ ズミルックスTL F1.4/35mm ASPH.」、ラライカTL用EVF「ビゾフレックス」、ライカMマウントレンズ「ライカ ズマロンM F5.6/28mm」およびMレンズをライカTLに装着するための「L用Mレンズアダプター」、そしてケースはジャパンブランド「エアロコンセプト」とのコラボレーションで、ライカ愛用者の職人 菅野敬一氏がつくったケースです。
お値段は¥1,750,000,- 納期は3ヶ月だそうです。
買えませんが、決して高くは無いと思います。こういうのが売れるのがGINZA SIXなのでしょう。
b0069507_6405147.jpg岡本やるな〜
本日は、シャンパンとチョコレートでした。
b0069507_6431578.jpg杯は重ねられていきました。
b0069507_6442221.jpg田沼前JPS会長はパナソニックGH5で、桃井君はオリンパス+パナソニックLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060つきで何かを撮影中。
b0069507_6513818.jpg撮影しているものはこれ。
GINZA SIXのアイコン。草間 彌生さん制作のバルーンです。
b0069507_6521933.jpg帰りは、銀座7丁目の居酒屋「銭形」で一杯。
このお店せは「銭形平次 捕り物控え」の作者野村 胡堂さんが名付けた居酒屋さんです。
何と、素麺がメニューにありました。
〆の素麺、冷たくて茹で方絶妙で美味しかったです。
食前に撮影するのを忘れてしまいました。リフトをしてくれたのは桃井君です。
良い居酒屋さんみつけました。
リフトをしてくれたのは、桃井君です。
b0069507_7125875.jpg銀座の象徴、和光の時計塔も高いビルに埋もれていきます。
一回り高くなったミキモト本店ビルは、6月オープンです。
b0069507_7254736.jpgお土産は、大人の味のチョコレートとカード(トランプ)でした。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-19 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
合掌・吉田大朋さん。4月17日(月)6014

b0069507_03052877.jpg吉田大朋さんという写真家をご存知でしょうか?
写真好きより、ファッションに興味を持っている方たちに知られているかもしれない、日本を代表するファッションフォトグラファーでした。
日本の写真界やJPS・日本写真家協会、APA・日本広告写真家協会等とは全く無縁の方で、ファッション写真一筋の方でした。
その吉田大朋さんが、2月10日に亡くなられていたのを今日知りました。そして、現在、箱根写真美術館で生前から準備していた展覧会が、追悼写真展として開催されているのも知りました。
私にとっては「行かなくてはならない」写真展です。
以下、シネマトウデエイのサイトからの引用です。

「吉田さんは1961年に雑誌「ハイファッション」で写真家デビューを飾り、1965年にパリへ渡り「ELLE」と専属契約。1973年からはニューヨークに移り、本場ファッションの潮流を雑誌「anan」や「MORE」、「ミセス」などに発信してきた。代表作に映画評論家・秦早穂子と手がけた写真集「グレの世界」(文化出版局)ほか、歌手・女優いしだあゆみのシングル「家路」のジャケット写真、作家・池波正太郎の書籍表紙写真なども担当した。」

カメラ毎日やアサヒカメラを読みふけっていた、高校・大学生の頃、何かのきっかで手にしたファッション誌の写真に釘付けになりました。その写真の撮影者が吉田大朋さんでした。
それからは「ハイファッション」や「流行通信」も見るようになり、リニューアルする前のanan も愛読誌になりました。
吉田大朋さんがデビューした「ハイファッション」も2010年4月号で休刊、「流行通信」は2008年1月号で休刊、ananも1980年に大幅に模様替えをしてしまいました
バブルはとうに弾け、若い人のお小遣いは携帯電話にとられ、Webで買い物をし、ファストファッション全盛の現在、女性ファッション誌の休刊もあいつぎ、ファッション写真って難しい時期だろうなと思います。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


# by mash_boss | 2017-04-18 07:36 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)